初心者の為のFX比較FX用語辞典>索引 > や行>預金保険制度


預金保険制度

預金保険制度(よきんほけんせいど)とはペイオフとも呼ばれ、2005年に全面的に解禁された制度のこと。金融機関が破綻した場合、その預金口座については、1000万円とその利息を含めた額までを預金保険機構が保証するという体制のこと。

ただし、銀行への預金については普通預金や定期預金などはペイオフの対象となり、利息の付かない当座預金については、金額に関わらず全額が保護の対象となる。ただし、外貨預金などについては、ペイオフ(預金保険制度)の対象外であり、万が一の場合元本が毀損する可能性がある。