初心者の為のFX比較FX用語辞典>索引 > か行>雇用統計


雇用統計

雇用統計(こようとうけい)とは、雇用に関する統計の総称。雇用は個人の消費の源泉となる所得を得るために重要な要素であることから、景気に対して非常に大きな影響を与える。そのため、各種雇用統計は株価や為替レートなどに対しても大きな影響を与える。

米国では雇用統計を毎月第1金曜日に労働省により発表され、「失業率」「非農業就業者数」などが最も重視される。特に「非農業就業者数」は米国で景気見通しに連動することが多く注目である。理由としては、米国は雇用の流動化が進んでおり、企業業績が悪化するとレイオフ(一時帰休)することがあり、これが景気に対して高い連動性を持つためである。

このほかにも「製造業就業者数」「週労働時間」「平均時給」などの項目もあり、それぞれ注目されている。

米国で発表される経済指標の中でも群を抜いて高い注目度を集める経済指標であり、為替水準、為替レートに対しても極めて大きな影響を与える指標である。雇用統計(失業率)の発表前後は、取引量が一気に拡大することもある。