初心者の為のFX比較FX用語辞典> > あ行


ECB(欧州中央銀行)

ECB(欧州中央銀行)とは、ユーロ圏(ユーロ加盟国)の中央銀行1998年欧州連合がスタートする際に設立された中央銀行の一つで毎月理事会を開催し金融政策や政策金利についての議論や決定を行う。最高機関は理事会で理事はユーロ加盟国の中央銀行総裁を含む17名で構成されている。

FFレート

FFレートとは、フェデラルファンド金利とも呼ばれ、アメリカの市中銀行が連棒準備銀行に預け入れている準備金の貸し借りを一定条件で行う場合に使われる金利のことを指す。日本でいう無担保コール翌日物金利となる。

FOMC

FOMC(エフオーエムシー:連邦公開市場委員会)とは、FRBが6週間に1回開催する金融政策決定会合のこと。金融の中心地である米国の中央銀行による金融政策に関する会議であり、市場に与える影響も大きい。

FRB(連邦準備理事会)

FRB(連邦準備理事会)とは、アメリカの中央銀行として米国が行う金融政策の意思決定機関のこと。FOMCを6週間ごとに開催して政策金利など金融市場に対する制作を決定する。米国の金融政策の最高意思決定機関であるから、FRBの動向やFRB議長のコメントなどは為替を含む金融市場に対して大きな影響を与える。

IMF

IMF(アイエムエフ)とは、国際機関の一つで世界における通貨体制の安定を目的としたもので、1944年ブレトンウッズ体制に基づき1945年に設立された。世界各国間においての貿易促進、為替安定、国際収支において問題のある国に対する融資などが主要な業務となっている。

ISM景況指数

ISM景況指数(あいえすえむけいきょうしすう)とは、全米供給管理協会がアンケート調査により公表する景気指標の一つ。製造業、非製造業の購買担当役員に対して「生産」「新規受注」「在庫」「雇用」などの項目について1ヶ月前と比較して「良い」「悪い」「同じ」のアンケートをとる統計。

M&A

M&A(エムアンドエー:Mergers and Acquisitions)とは、企業の合併・買収のこと。複数の企業が合併したり、ある企業が他の企業を買収することなどを指す。なお、買収とはその会社が発行してる株式を買い取り子会社にすることを指し、合併とは二社以上の会社が一つになることを指す。

OPEC

OPEC(石油輸出国機構)とは、石油輸出国による協議機関のこと。1960年に細くされ、サウジアラビア・イラン・イラク・アラブ首長国連邦(UAE)・クウェート・ナイジェリア・アルジェリア・カタール・リビア・インドネシア・ベネズエラが参加している。

S&P500

S&P500とは、アメリカの格付け会社であるスタンダード&プアーズ(S&P)が計算・公表している株価指数の一つ。日本でいう日経平均株価と同じようなもの。名前の通り500の上場企業の株価をもとにして計算される。計算方法は「時価総額加重平均指数」で行われる。

アジア通貨危機

アジア通貨危機(あじあつうかきき)とは、1997年7月のタイの通過であるバーツ急落に端を発したアジアを中心とした通貨の急落のこと。東アジアを中心としたアジア諸国の経済が混乱し、アジア以外のヨーロッパ諸国に対しても大きな影響を与えた。

イングランド銀行

イングランド銀行とは、イギリスにおける中央銀行。イギリスはEU加盟国ではあるがユーロには加盟していないため、イングランド銀行がイギリスの通貨であるポンドの政策金利や金融政策を実施している。政策金利はレポ金利と呼ばれ、毎月開催されるMPC(金融政策決定委員会)で決定される。

イールドカーブ

イールドカーブとは、イールド(利回り)のカーブ(曲線)と言う意味で日本語では「利回り曲線」と呼ぶ。イールドカーブは債券の利回りと残存年数(満期償還までの期間)の関係を線でつないだもので、縦軸に金利、横軸に残存年数を用いて線を引く。

ウォール街

ウォール街とはアメリカのニューヨーク・マンハッタン島に位置している通りの名称。ウォールストリートと呼ぶこともある。世界中の金融機関や証券取引所が軒を連ねていたことから、世界の金融センターとして発達した。

オファーレート

オファーレート(offer rate)とは、FXをはじめとした為替取引においての取引価格の一つ。オファーレートは金融機関側(FX業者や取引市場)側が売ってもよいという価格になる。そのため、投資家が購入することができる為替レートということになる。

一服

一服(いっぷく)とは、活発に上下していた相場が落ち着きを取り戻すことを指す。相場が一休みしているように静にかになることからこう呼ばれるようになった。上昇時には上げ一服、下落時には下落一服といったように用いられることが多い。

一段高・一段安

一段高(いちだんだか)とは、上昇基調にある相場が、さらに一層上昇することを指す。対して、一段安(いちだんやす)とは、下落基調にある相場が、さらに一段と下落することを指す。一般的には、テクニカル上の抵抗線や支持線をブレイクした際や相場の節目などを越えた際に使われることが多い。

悪材料

悪材料(あくざいりょう)とは、相場において自分が保有しているポジションにとって好ましくないニュースや出来事などのことを指す。一般的にニュースなどでいわれる場合は「買い」のポジションから見て言われることが多いため、特別な前置きが無い限りは為替を下落させるニュースや出来事を指す。

押し目

押し目(おしめ)とは、相場が短期的に下落しているという状態を指す言葉。一般的には、買いの機会という意味で使われることが多く、上昇トレンドの中で一時的に価格が下がっている状態(押している状態)のことを指す。

相対取引

相対取引(あいたいとりひき)とは、OTC(over the counter)取引とも呼ばれる取引方法の一つ。FXは原則として(くりっく365を除き)、相対取引で取引される。取引所を介さずに業者と投資家が直接取引することを指す。

織り込み済み

織り込み済み(おりこみずみ)とは、相場用語の一つ。相場に影響を与えるニュースや材料が出たにも関わらず、相場に変化が無いとき、相場は既にその材料を「織り込んでいる」というようにして用いる。材料が出たにも関わらず、相場が動かなかった時に用いる。

行って来い

行って来い(いってこい)とは、相場において一旦上昇(または下落)したあと、反落(反転)して、結局もとの相場水準と同程度の水準にまで戻ってくることを指す。相場の動きをそのままの言葉にした用語で為替(FX)だけでなく、様々な相場表す際に利用される。