初心者の為のFX比較FX用語辞典>索引 > あ行>アジア通貨危機


アジア通貨危機

アジア通貨危機(あじあつうかきき)とは、1997年7月のタイの通過であるバーツ急落に端を発したアジアを中心とした通貨の急落のこと。東アジアを中心としたアジア諸国の経済が混乱し、アジア以外のヨーロッパ諸国に対しても大きな影響を与えた。

日本においても融資の焦げ付きが多発したことと、緊縮財政とのタイミングが重なったことにより後の平成不況の原因ともなったといわれている。このほかにも、ロシアの財政危機やブラジルの財政危機に対しても直接的な原因となった通貨危機の一つ。