初心者の為のFX比較FX投資手法ガイドFX取引ガイド自動売買の活用>IFD注文


IFD注文 / FXの自動売買

IFD注文とは(If Done注文)と呼び、もし成立したら○○という意味となります。新規の注文とそれが約定(成立)した場合の損切りの注文も自動的に可能となります。

IFD注文の活用例

IFD注文は主に、相場の押し目などで特定の通貨を買いたいと思っているけど、購入後に相場が急落した場合に備えた損切りの注文も一緒に設定しておきたい場合などに便利な注文方法です。

たとえば、現在の相場が1ドル=110円でこれが1ドル=108円になったらドルを買いたいと思っているとします。しかし、その後相場が崩れて1ドルが107円以下に下がってしまうような場合はそのポジションを解消したいと思うような場合に適しています。

IFD注文でまず、1ドル108円での買い注文をいれ、IFDONEに107円での売り注文を入れておきます。こうすると、もし1ドルが108円になり、ドルが買えた場合、自動的に1ドル107円での逆指値注文が入ることになります。なお、逆に108円で買えた場合に利益確定としてたとえば109円で売りというような使い方もできますが、一般的には損切りのための注文として利用することが多いようです。