初心者の為のFX比較FX投資手法ガイドFXスタートアップ講座>FX投資に必要な資金


FX投資に必要な資金

具体的にFX投資を始めるとして必要となる資金はいくらくらいなのでしょうか?近年では、FX業者への初回入金額に対する制限もなくなってきており、数万円程度のごく小額から取引を始めることができるようになりました。

基本的に100万円前後の余裕資金は用意したい

近年では数万円からFXの取引は可能となっていますが、たとえば10万円で投資をスタートした場合、1ドル100円で米ドルを1枚(1単位)購入した場合の投資額は100万円です。入金額が10万円の場合レバレッジは10倍と非常に大きなものとなります。

レバレッジ10倍というと、投資対象が10%値下がりした場合はその全額を失ってしまうという計算になります。通常、初心者のうちはレバレッジは最大でも3倍程度に抑えた方が良いとされます(中上級者でも極端な場合を除きこの程度のレバレッジに抑えておいた方が良いです)。

jとなると、1単位の投資につき30万円以上の資金は用意しておきたいところです。また、FXの投資でしたら1単位だけの投資というのはあまり考えられませんので3単位分として100万円前後の余裕資金は用意したいところだと考えます。

 

小額資金でも失っても良い程度であれば小額でもOK

たとえば、10万円をFXに投資して、その10万円は万が一悪い方に進んだとき全額を失ってもかまわないという場合は、10万円前後からでも始めることができます。レバレッジの高い会社では100倍前後の高いレバレッジで投資することもかのですから、10万円でしたら1000万円の投資も可能です。ただし、その場合相場が1%変動しただけで投資資金が0になるか2倍になるかという超ハイリスクな世界です。

決して重要なお金を超ハイレバレッジで投資することがないようにしましょう。