初心者の為のFX比較FX投資手法ガイドFXスタートアップ講座相対取引とくりっく365>ポジションを選択できない


ポジションを選択できない / くりっく365のデメリット

FX取引では、取引をする都度、ポジションというものが生まれます。例えばドルを1枚買ったあとに、2枚買った場合、合計3枚の取引とはならずに、米ドル1枚と米ドル2枚がそれぞれ別個に扱われます。通常のFX業者では、最初に買った1枚もあとに買った2枚を買った後どちらを先に売っても良いのですが、くりっく365の場合、先に買ったものを先に売らなければならないという特徴があります。

ポジションを選択できないとはどういうことか

くりっく365では、それぞれのポジションにおいて先入先出法が適用されます。そのためポジションの整理について思い通りに行かない部分もあります。例えば、Aさんが、円売りドル買いのポジションを110円、108円、105円で1枚づつ保有していたとします(購入順)。この場合で為替が108円に戻ったので、105円で買ったドルを1枚売り戻そうと思った場合、くりっく365では先入先出法となりますので、一番初めに購入した110円のポジションからしか売ることができません。
この先入先出法が、直接為替の収益を変えるということは無いのですが、年末などの利益調整(今年儲かっている場合、損をしていたポジションの損を出すことで支払う税額を小さくしたい場合、あるいはその反対)ができなくなります。
なお、この先入先出法については現在改善を検討しているようです。