初心者の為のFX比較FX投資手法ガイドFXスタートアップ講座>相対取引とくりっく365


相対取引とくりっく365

FX取引は原則として取引所を経由しない相対取引(あいたいとりひき)という形式で取引がおこなわれますが、例外として2005年から世界に先駆けて日本においては為替の取引所取引が開始されています。これが「くりっく365」と呼ばれるが外国為替証拠金取引の専門市場です。
FX取引は原則として相対取引が基本となります。これは業者と投資家が直接取引きを行うというものです。対して取引所取引(くりっく365)というものは、取引所を通じて外国為替証拠金取引をおこなうというものです。両者それぞれメリットとデメリットがあります。投資家の投資スタイルや考え方に応じて使い分けると良いでしょう。

くりっく365のメリット

まずは、くりっく365が通常のFX取引(相対取引)よりも有利となっているポイントを解説していきます。

くりっく365のメリット(1):税制上の優遇措置

くりっく365の取引は税制上の優遇措置が設定されています。通常FX取引による収益は総合課税の対象となります。ここでは、くりっく365のメリットの一つである税制上の優遇措置について解説していきます。

 

くりっく365のメリット(2):信用リスクがない

くりっく365では、FXにおける比較のポイントで解説した「信用リスク」がありません。つまり、取引業者の破綻などのリスクが投資家にとってなくなります。ポイントは取引所に対する預託です。

 

くりっく365のメリット(3):スワップポイントが有利

くりっく365では高いスワップポイント(スワップ金利)とFX業者によるスワップポイントの中抜きがありませんのでスワップポイントが優遇されています。ここでは、どのような理由でくりっく365が有利になっているのかを解説します。

 

くりっく365のメリット(4):有利なスプレッド

くりっく365は個人投資家にインターバンク市場に近い取引をという理念により作られています。インターバンク市場とは要するに銀行間による為替取引です。くりっく365では、金融機関同士が取引をするような有利な為替レートでFX取引を行うことができます。

 

 

くりっく365のデメリット

次に、くりっく365が相対取引よりも不利な点を挙げていきます。

くりっく365のデメリット(1):クロス円取引のみしかできない

くりっく365では、現在円をベースとした取引しか用意されていません。そもそも円をベースとした取引しかしないという投資家にはあまり関係のない話かもしれませんが、例えば、ドルとユーロの取引(ドル売り、ユーロ買いなど)をしたいと思ってもすることができません。

 

くりっく365のデメリット(2):手数料が少し高い

FX業者の中には近年「手数料無料」を謳う取引業者も増えてきています。しかし、取引所取引であるくりっく365の場合、取引所を経由する取引となってしまうことから、取引所が手数料をとっている現状手数料無料とすることはできません。

 

 

くりっく365のデメリット(3):ポジションを選択できない

FX取引では、取引をする都度、ポジションというものが生まれます。例えばドルを1枚買ったあとに、2枚買った場合、合計3枚の取引とはならずに、米ドル1枚と米ドル2枚がそれぞれ別個に扱われます。通常のFX業者では、最初に買った1枚もあとに買った2枚を買った後どちらを先に売っても良いのですが、くりっく365の場合、先に買ったものを先に売らなければならないという特徴があります。

 

くりっく365のデメリット(4):通貨ペア数が少ない

くりっく365では2008年7月現在取引することができる通貨ペアは米ドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・スイスフラン・カナダドルの7種類しかありません。対して一般のFX業者の場合、業者にもよりますが数十単位もの通貨ペアを用意している業者もあり、くりっく365の通貨ペア数の少なさが目立ちます。