初心者の為のFX比較FXテクニカル分析チャート分析>ローソク足分析


ローソク足分析 / FXテクニカル分析

チャート分析の基本はローソク足です。ローソク足がどんな形をしているのかである程度の相場の強弱などがわかります。ここでは、ローソク足とはいったいどうなものなのか?またローソク足の形状や組み合わせによりどんなことがチャートから読み取れるのかを解説します。

ローソク足とは ~ローソク足の基本的な見方~

ローソク足とは、毎日の相場変動を一つの図形で表したもので、相場水準を見るにあたって最も一般的な見方の一つです。

ローソク足(陽線と陰線)

左の図のような形状をしており、赤で塗りつぶされているものを「陽線」(白塗りの場合もあります)、黒く塗りつぶされているものを「陰線」とよびます。

左の図に記述してある「始値」とはその日の相場が始まった段階での開始価格、「終値」はその日の相場が終わったときの最終価格、上ヒゲはその日の最高価格、下ヒゲはその日の最低価格を指します。

陽線の場合、その日の価格は始値よりも高く終了したことを指しており、陰線の場合はその日の価格は始値よりも低く終わってしまったということを指します。

 

 

ローソク足単独での相場の強弱分析

ローソク足はその形状から、後から見てもその日の取引がどういう形で進められたのかを見ることができる便利な罫線です。また、ローソク足はそれだけでなく、今現在の相場状況が一体どのような状況であるのかも同時に分析できる便利なツールなのです。
まずは、ローソク足単独でどういった相場状況なのかを解説していきます。

大強気
強気
強気
強弱拮抗
ヒゲの長さは問わない。
相場転換
上値で出現したら売り、下値で出現したら買い

陽線と陰線が変わった場合は、意味合いがほぼ反対になると考えて下さい。 青色は陽線・陰線共通。ローソク足の見方については「ローソク足の基礎知識」のページでは、具体的なローソク足の組み合わせなどによる分析法が書かれていますので参考にしてみてください。

ローソク足分析 お勧めサイト

ローソク足の基本パターンと読み方