初心者の為のFX比較FX投資のしくみFX基本講座>FXの取引業者


FXの取引業者

FXは、通常FX取引業者とよばれる業者に口座を開設して取引を開始します。ここでは、FXの取引業者にはどういった会社が存在しているのか?また業者は信用できるのか?どのようにしてFX業者と取引を開始すればよいのかということを解説していきます。

FX取引業者はどんな会社?

FXの取引業者は近年多くの業界から参入があり非常に拡大しています。大手の銀行からネット銀行、大手証券会社、インターネット専業証券会社、FXを専門とする金融取引会社まで多数の会社がFX取引の業者として登録されています。
大きく、銀行系・証券系・独立系に分類することができますが、手数料や商品の豊富さでいえば独立系のFX業者の方が優れているといえます。対して証券系や銀行系はFXだけでなく例えば株式投資や債券投資なども一緒に行えるので資産管理がしやすいというメリットがあります。

コラム:悪徳FX会社は存在するのか?

そもそもFXという取引は1998年から解禁された比較的新しい取引でした。そのため、多くのFX専門取引会社が存在し、その中には個人の投資家を騙してお金を集めてドロンなんていう会社も存在しました。これが何度かニュースになり、FXっていうのは危ない・怪しい取引なんだねと思う方も多いようです。
しかし、これを受けて2005年に外為法が改正され、FX取引業者に対しては厳しいルールが加えられることになりました。これにより悪徳会社の多くは淘汰され今の安心して取引ができるFX会社が残ったのです。

 

FX業者との取引の現状

基本的にFX取引はインターネットを通じて行うのが主流となっています。これはやはりインターネットの即時性と取引の容易さなどが大きな割合を占めているでしょう。
実際にリアル取引では、手数料も高いですので基本的には私もインターネットを通じたFX取引をおすすめします。

FX取引を開始するにはFX業者に口座を開設する必要があります。基本的にはインターネットから口座開設の申し込みをしたうえで口座を開設しそれから取引を開始するという流れが一般的になります。