初心者の為のFX比較FX投資のしくみ>FX基本講座


FX基本講座

FX基本講座では、FXの取引におけるスワップ、レバレッジ、スプレッドなどの専門用語の解説とそれぞれの具体的なしくみ、どのようにして取引をしていくのかということをわかりやすく解説していきます。

レバレッジのしくみ

レバレッジとは、「テコの原理」というもので、小さなお金で大きなお金を動かすという意味になります。FXにおいてはこのレバレッジにより手元資金の10倍~100倍といった大きなお金を動かすことができるようになります。例えば、資金の10倍の取引をおこなった場合、1%の利益が出た場合でも手元資金からみれば10%もの利益をあげたことになり、より効率的な運用が可能です。ここでは、レバレッジについて具体的なしくみからメリット・デメリットまでを解説していきます。

スワップのしくみ

スワップとは本来「交換」を意味します。FX投資においては、このスワップは金利差の交換という難しい話となってしまいます。金利差の交換とは、簡単に円とドルで考えた場合、円の短期金利が1%で米ドルの短期金利が3%であるという場合、ドルを買っている投資家に対しては差額の2%分の金利がもらえるというものです。ざっくりと考える場合は預金金利と捉えても良いのですが、正しく理解しておかないと思わぬ失敗をしてしまうことがありますので、しっかりとしたスワップに関する理解を深めましょう。

 

FXの手数料とスプレッド

FXは取引ですから、当然手数料が発生します。この手数料もFX業者を比較する上で重要となる項目の一つです。あともう一つスプレッドという考え方があります。これも二次的な手数料と考えられますので、併せてFXにおける手数料とスプレッドを解説していきます。

 

FXの取引業者

FXは、通常FX取引業者とよばれる業者に口座を開設して取引を開始します。ここでは、FXの取引業者にはどういった会社が存在しているのか?また業者は信用できるのか?どのようにしてFX業者と取引を開始すればよいのかということを解説していきます。