初心者の為のFX比較FX投資のしくみ>FXとは


FXとは

FXとは、外国為替証拠金取引の事を指します。外国為替証拠金取引というと難しそうに聞こえるのですが、基本的には円高の時に外貨を買って、円安になったらその外貨を売ることで差額(為替差益)を得るというものです。また、スワップという仕組みにより外貨投資による金利収入も得ることができます。

FXの現状

FXという投資方法は、近年多くの投資家達に支持されており多くの個人投資家もこぞってこのFX市場に参入してきた経緯があります。ニュースなどでもFXで巨額の収益を得た個人投資家が脱税をしたというようなニュースが流れたことを記憶している人も多いと思います。

ですが、だからといってFXは単純に儲かると考えるのは先走りすぎです。たしかに優良な投資手法の一つであり、効率的な資産運用を外貨という手段で行ううえでは非常に魅力的な投資ではありますが、しっかりとした知識を身につけて、どのような流れでお金が流れており、どのようにして収益を上げることができるのかということを確認しておく必要があります。

FX取引は主に、為替相場の動きにより利益を狙うものです。基本的には、円高水準で外貨を買い、円安水準でその外貨を売ることで差益を狙うという取引方法です。例えば、1ドルを110円で1万ドル購入し、それを1ドル120円で売却することで、10円×1万=10万円の収益を得るというものです。
また、スワップというしくみにより、日々の金利差が加算され、これが実質上外貨預金における金利と同じ働きをします。

最大の特徴は、レバレッジというしくみにより、証拠金として業者に預けたお金の10倍~100倍相当の外貨を売買することができるというしくみです。例えば、30万円を証拠金にしてレバレッジ10倍の取引をしたいという場合は、300万円相当の外貨売買が可能となるわけです。

これが、少ない資金でも効率的な運用ができるというFX最大の特徴です。また、株と違いほぼ24時間取引が可能なこと、外貨を買いからだけではなく、売りからでもはじめることができるなど、非常に自由度の高い投資方法であることもFX人気の秘密です。

 

FXの取引方法

FXというものは、証拠金による取引です。つまり、証拠金という資金を背景に「特定の通貨を売買する権利を購入する」と言い換えることができます。その上で、基本的には差金決済という方法がとられます。

差金決済とは信用取引オプション取引などの際に行われる取引決済方法のことで、例えば1ドル115円で1万ドル購入し、その後1ドル120円で1万ドルを売却するという取引がおこなわれた場合、通常は、抗購入する際に「115×1万ドル=115万円」が必要となり、その後「120×1万ドル=120万円」で売却してするという形になり、購入時に115万円の資金が必要で、売却時には120万円が戻ってくるというような取引が一般的な取引です。
しかし、FXは差金決済となります。そのため、購入時にはお金は動きません。あくまでも1万ドルを115円で購入する権利を購入しただけです。そして、その権利を売るとき(1ドル120円となったとき)は、差額のみの決済が行われます。(120円-115円)×1万ドル=5万円となり、実際に動くお金は5万円だけとなります。

そのため、FXにおける取引は「米ドルを買う」のではなく、「米ドルを購入する権利を買う」という形になるのです。その際、通貨を売買するには基準となる通貨が必要となります。

一般的に私たち日本人は米ドルの為替レートといえば、対円で考えます(例えば、1ドル=110円20銭のように)そのため、FXにおいて1万ドルを115円で購入するという場合は「1万ドルを1ドル115円で購入する権利を買う」ということになります。これが「米ドル買いの円売り」と表現されます。

 

FXの取引単位

FXの取引単位は通常「枚」という単位で数えます。例えば、米ドルを115円で1枚購入するというように表現します。枚という単位は原則として1万通貨を示します。(1枚を1000通貨単位としているFX取引業者もあります)
>>FXの取引単位