初心者の為のFX比較外貨投資の基礎外貨投資の種類>外債投資


外債投資で外貨投資をするメリット、デメリット

外債(がいさい)とは、外国債券のことを指します。ようするに外貨建て(外国通貨を基準)により設定されている債券のことをさします。一般的に為替リスクだけでなく、信用リスクも負うことになります。

外債の取引方法

外債(外国債券)は主に証券会社を通じて購入することができます。また、銀行においても一般的に証券会社よりも取り扱える種類は少ないですが、外国債券を購入することができます。

詳しくは「外債投資とは」もご参照ください。

 

外債投資の手数料

外国債券の手数料は主に2種類があります。1つが円と外貨の交換に必要となる手数料で、2つ目がその外貨と外国債券を交換するのに必要となる手数料です。銀行で外債を購入する場合は通常の外貨預金の手数料に外債購入手数料が必要となります。

証券会社の場合は主に、為替手数料に加えて外債購入手数料が必要となります。

 

外債投資のメリット

外債投資にはどのようなメリットがあるのかを検証します。

外貨預金よりも高い利回りが期待できる

外債は通常外貨預金や外貨MMFよりもより高い金利が付きますので、単なる外貨預金よりも高い金利で資金を回すことができ、より効率的な運用が可能となります。

満期時には元本が償還される

外債は債券ですので、通常満期が設定されています。満期時は必ず額面に記載されている金額が償還されますので、外貨ベースでは元本割れすることはありません。ただし、リスクの項で説明するように、発行体が破綻等の理由により償還することができなくなった場合はその限りではありません。

 

外債投資のリスク

外債投資は主に、外貨に関するリスクと、発行体に関するリスク、金利に関するリスクの三つが絡み合います。そのため、外貨のみに投資する外貨預金外貨MMFFXと比較してリスクはやや複雑です。

発行体の信用リスク

外債投資の場合は、これが大きな問題です。発行体が破綻した場合、債券額面が帰ってこないというリスクがありますので、信用リスクは比較的高めです。この信用リスクは発行体の信用度に依存します。この信用リスクはスタンダード&プアーズ社などに代表される格付け会社が発行している格付けで大まかに知ることができます。格付け会社からBBB以上の格付けを取得している発行体の信用度は比較的高めとされており、BB以下の格付けは投機的格付けと呼ばれ信用リスクが高くなります。

ただし、信用リスクが大きい外債ほど、よりリターン(金利)も高く設定されています。信用度の高い国債よりも、リスキーな企業が発行する社債の方が利率が高いわけです。

 

満期前に売却すると損失が発生する場合も

外債の場合、外債の円貨変換価格は以下のように計算されます。
[価値=(債券の市場価格(外貨ベース)×現在の為替レート]
上記のように、価値が二つの変数を掛け合わせることにより決定しますので、為替レートが良い方向に向かっても、債券価格が下落していればプラスになるとは限りませんし、逆もしかりです。但し、外債はあくまでも債券ですので、満期になったら必ず額面で戻ってきますので、満期まで保有するつもりであれば価格変動リスクは為替レートのみに依存します。