初心者の為のFX比較外貨投資の基礎>外貨投資の種類


外貨投資に投資できる手段とそれぞれの比較

外為投資といっても投資方法は実にたくさんあります。ここでは主だった外貨投資商品の特徴およびリスク、投資その他の注意点などをわかりやすく説明していきます。
>>外貨商品の比較一覧表

外貨預金

外貨投資の中でも最もスタンダードでリスクなども比較的わかりやすいと思われている投資商品です。ただし、この認識は私たちが預金というものに対して持っている認識から見ているもので、実際の外貨預金は投資商品として大きなリスクもあります。

外債投資

外債(がいさい)とは、外国債券のことを指します。ようするに外貨建て(外国通貨を基準)により設定されている債券のことをさします。一般的に為替リスクだけでなく、信用リスクも負うことになります。

外貨MMF

外貨MMFとは、主に短期の外国債券などを運用する投資信託の一種です。外貨預金などと比べて比較的手数料が低めに設定されているだけでなく流動性も比較的高いのが特徴です。

外国株式

外国株式とは、外国企業の株式に対して投資を行うものです。外国企業が発行する株式は通常当該国の外貨建てで取引がおこなわれますので、現地通貨による投資となります。ただし、一部の銘柄は米国においてADR(預託証券)として米ドル建てで取引をおこなうこともできます。

外国為替証拠金取引(FX)

外国為替証拠金取引(FX)とは、外国為替を取引する手法の一つです。証拠金というお金を預けることにより、そのお金を用いて外国為替に対して投資を行うことができます。証拠金取引ですので、取引先にもよりますが、元手の数倍から数十倍の取引をおこなうこともできます。