初心者の為のFX比較外貨投資の基礎外国為替のしくみ>外国為替とは


外国為替とは

外国為替とは、その名前の通り外国で通用する通貨のことです。外国為替はそれぞれの外国為替の売買等により変動する、各国通貨同士の取引レートにより取引されます。私たちは基本「円」を中心にモノの価値というものを現しますが、外国為替の世界(特にFX)では、外国為替レートはあくまでもそれぞれの通貨の取引レートと割り切って考えたほうが理解が早まります。

外国為替って何だろう

日本では「円」、米国では「米ドル」、イギリスでは「英ポンド」、フランスでは「ユーロ」といったように世界各国では一部の地域を除き各国内において自国で流通する通貨を採用しています。こうした異なる通貨はそれぞれの国で流通させる分は良いのですが、外国との貿易などとなるとそうはいきません。
このばあい、それぞれの通貨を交換して取引することになります。このようにそれぞれの異なる通貨を交換することを外国為替と呼びます。

外国為替は商品を購入するのとほとんど同じです。例えば円を使って米ドルが欲しい場合は「円を売って」その対価として「ドルを買う」のです。

その為替の交換比率のことを為替レートと呼びます。円とドルの取引の場合は、1ドル=110円というように呼ばれることが多く、この場合は1ドルと交換するために必要な円は110円ということになります。

 

円安と円高を理解する

外国為替レートというものは日々変動します。例えば、1ドル100円のときと1ドル110円の時は、後者の方が円が強いと思われるかもしれませんが、その逆です。なぜなら、1ドル100円の時は1ドルという商品を100円で買えるのに、1ドル110円の時は1ドルという商品を110円ださなければ買うことができないからです。

円安は日本円の価値が世界的に見て低くなることで、円高というのは日本円の価値が相対的に高くなることを指します。