初心者の為のFX比較FXファンダメンタルズ分析>為替を動かす重要指標


為替を動かす重要指標

為替というものは各国間の通貨売買となりますので、ある国の通貨が強くなれば他の国の通貨はその国の通貨に対して相対的に安くなります。こうした国の通貨が強い、弱いといった流れを読むことができます。指標は為替相場のバロメーター的な役割も果たすのです。ここでは、「金利」「景気動向」「雇用」「国際収支」といった重要指標におけるポイントを解説していきます。

指標の読み方

指標を見るにあたっては、結果だけが重要ではありません。相場というものは常に将来を予測しながら動いています。例えば、米国の金利があがりそうだという観測が強ければドルが買われます。ですが、実際に金利が引き上げられてもその幅がみんなが既に予測していたものよりも低かった場合、逆にドルが売られることにもなります。指標というものは結果ではなく、予想と結果により相場は動いていくのです。

 

金利

金利は、為替にとって非常に大きな影響を与える指標の一つです。金利と為替の基本的な関係は以下のように考えられます。例えば、低金利通貨は低金利が嫌気され、当該通貨が売られ、高金利通貨が買われます。相場は基本的に需要(買い)と供給(売り)のバランスにより決定されますので、低金利通貨が売られるということは価格が下がるということになります。ここでは、通貨と金利の関係をよりわかりやすく解説していきます。

 

景気動向

景気の動向も為替に対して大きな影響を与えます。景気はその国の経済力の勢いを表すものでもあります。勢いがある国の経済は発展していきます。景気が良いと設備投資も増え、GDPも増加します。為替水準はその国の経済力の強さを表すともされています。景気が良い国の通貨は買われ逆に景気が悪い国の通貨は売られることに成ります。

 

雇用

雇用状態(失業率)というものはその国の景気のよさ